かしこくこだわりたいあなたへ 東京のリノベーション会社ガイド
満足できる東京のリノベーション&リフォーム会社の選び方
home > リノベーションVSリフォーム

リノベーションVSリフォーム

ここでは、リノベーションとリフォームについて比較しています。

リノベーションとリフォームを徹底比較

リノベーションとリフォーム、同じような意味に使われることも多く、業者によっては明確に区別していないところもあります。

一般的に、リノベーションとリフォームでは工事の規模や工事にかかる費用、施工後の住宅性能、資産価値といった面で違いがあるといわれています。

リノベーションのほうがリフォームよりも工事の規模が大きく、間取りを変更したり、内装を全面的に変えたりするような工事も行われます。

一方のリフォームは、クロスの張替えや、キッチン・浴室・トイレの入れ替えなど、部分的な工事に留まることがほとんどです。そのため、工事費用もリノベーションのほうが高くなることが多いです。

リノベーションとリフォームの違いを一覧にまとめました

リノベーション&リフォームのメリット・デメリット

リノベーションとリフォーム、それぞれにメリット・デメリットがあります。

リノベーションの場合、自由な設計ができること、同条件の新築物件よりも安く購入することができること、物件の選択肢が増えることなどがメリットとして挙げられます。

逆にデメリットとしては、築年数が経っているものが多く、耐震補強の確認が必要になってきます。

とはいえ、地震だけが人生の大きなリスクという訳ではないのでバランスを良く考えましょう。

リフォームのメリットは、短い工期で完了できる、コストが少ないなど。デメリットは、資産価値の向上にそれほど寄与しないこと、構造体に手を加えないので強度に不安が残ることです。

それぞれのメリット・デメリットを正しく理解しよう

リノベーションとリフォームの費用例

リノベーションの場合、間取りを大きく変えるような工事であれば300~500万円、トイレや浴室、洗面所などの水回りの配置を変更するのであれば、500~700万円以上かかります。機能やデザインにこだわったものになると、1,000万円を超えることも。

リフォームの場合、場所によって異なります。クロスの張替えなら、6帖の部屋で5万円前後、キッチンのリフォーム(取り替え)ならば50万円以上かかります。

リフォームとリノベーション、費用はどのくらい違う?

施工の流れ

最後に、リノベーションとリフォーム、それぞれの施工の流れについてまとめています。

やることがたくさんあるので大変ですが、リノベーション会社によっては、物件探しからアフターフォローまでワンストップで対応してくれるところもあるので、有効に利用してみましょう。

リノベーションとリフォームの施工にどんな差があるの?

TOKYO RENOVATION COMPANY GUIDE