かしこくこだわりたいあなたへ 東京のリノベーション会社ガイド
満足できる東京のリノベーション&リフォーム会社の選び方
home > リノベーションVSリフォーム > メリット・デメリットで比較

メリット・デメリットで比較

リノベーションとリフォーム、どっちがいいの?と迷っている人に、リノベーションとリフォーム、それぞれのメリット・デメリットについて説明します。

リノベーションのメリット

自由な設計ができる

自分の好みやニーズ、生活スタイルに合わせて、自由に間取りの設計ができるというのが、リノベーションの大きな魅力です。建売分譲住宅や新築マンションのデザインでは物足りないという人におすすめです。

新築よりもコストが抑えられる

立地や広さ、間取りなどの条件が同じ新築物件を購入するよりも、中古物件を購入してリノベーションした方がコストを抑えられます。具体的には2~3割、場合によっては同条件の新築物件の半額近い費用で理想の家が実現できます。建物が完成してから年数が経っている物件ほど、購入費用が安くなります。

物件の選択肢が増える

住みたいエリア内で自身の希望に見合った新築物件を見つけ出すのは至難の業。それが人気のエリアや都心部であればなおさらです。けれども中古物件であれば、住みたいエリア内で整った周辺環境や希望条件を満たす物件を見つけ出すことは比較的簡単です。間取りや内装はリノベーション工事でガラッと変えられるので、あまり気にする必要はありません。

リノベーションのデメリット

築年数が経っているものがほとんど

中古マンションの場合、築年数が長いものが多く、耐久性や耐震性に不安があるものも…。とくに、耐震基準の改正前である1981年以前に建てられた物件については、耐震補強がなされているかを確認する必要があります。

住むまでに時間がかかる

工事の内容にもよりますが、中古物件をリノベーションする場合、リノベーション工事が終わってからでないと住めないので、新築を購入するよりも、入居までに時間がかかる可能性があります。

メリット・デメリットを理解し、また、これらのことを説明してくれる会社に依頼すると、失敗が遠のきます。


リフォームのメリット

リノベーションよりも工期が短い場合が多い

リフォームの場合、リノベーションよりも工事の規模が小さいので、工期が短くて済む場合が多いです。

コストが少ない

小規模の工事が多いリフォームの場合、比較的安い費用で済ませられるケースが多いです。

リフォームのデメリット

資産価値は高くても新築時未満

あくまでも補修が目的となるリフォームでは、高くても新築時と同程度の資産価値までしか向上できません。

強度に不安が残る場合も

基礎や柱などを変えないと、家の強度に不安が残る場合もあります。

これらを良く理解したうえで、施工会社に相談に行くことが失敗を避けるコツと言えます。

TOKYO RENOVATION COMPANY GUIDE