かしこくこだわりたいあなたへ 東京のリノベーション会社ガイド
満足できる東京のリノベーション&リフォーム会社の選び方

ヴィンテージ

長い間、住むことで味わいが出てくる住宅。そんなヴィンテージテイストのリノベーションも人気です。古木や、ヴィンテージ感を出したアイテムを使うことで、月日を重ねたような雰囲気の家にすることができます。

ヴィンテージテイストのリノベーションとは

年月を経ることで深い味わいが出てくるヴィンテージ。レンガや打ちっぱなしコンクリート、深い色味のフローリングなどを使うことで、豊かな味わいのある空間に仕上がります。

ヴィンテージテイストを出すため、あえて傷をつけたり塗装をはがしたりという手法もあります。

ヴィンテージテイストのリノベーション物件例

リノベーション物件例_ヴィンテージ01
引用元:ロハススタジオ http://www.okuta.com/jirei/jirei/201403/310900.html

遊び心がたっぷりつまったガレージハウス。モザイク調の石畳、壁の下部に施されたレンガ、板張りの壁、どれをとっても、年代を感じさせる味のあるアクセントです。リビングには吹き抜けをつくり、2階からも光が入る明るい空間に。アンティークな雰囲気の階段やアイアンの飾りなど、各所に味わいを感じさせてくれます。

リノベーション物件例_ヴィンテージ02
引用元:ゆくい堂 http://www.yukuido.com/free_style/58/

レンガとモルタルの壁、板張りの床が絶妙にマッチした空間。壁のレンガもひとつひとつ色合いが微妙に変わっていて、さまざまな表情を出しています。どこをとっても味のある空間ですが、中でも注目はキッチンカウンター。傷が付いたり色あせていたり、1枚1枚風合いの異なるパネルを貼り合わせて作られています。これぞヴィンテージの傑作。

リノベーション物件例_ヴィンテージ03
引用元:スマサガ不動産 http://suma-saga.com/case/nakameguro_s/

コンクリート打ちっぱなしの天井にむき出しの配線。一見、クールな印象になりがちなところへ、フローリングとキッチン、造作家具が温もりを与えてくれます。キッチンカウンターも木にすることで、ワンルームでもキッチンだけが浮くこともなく、空間にしっくりとなじんでいます。

リノベーション物件例_ヴィンテージ05
引用元:nu http://n-u.jp/gallery/marugoto/5851/

玄関を開けると土間が広がり、目の前には昭和のテイストが感じられるすりガラスの引き戸。開けておけば開放的な空間に、引き戸をすべて閉めて独立した部屋としても使うことができます。木目の美しいパネルを使ったキッチンカウンターをはじめ、深い色味の木をベースにしているので、時間が経てば経つほど味も出てくるはずです。

まとめ

ヴィンテージテイストのリノベーションというと、レンガ壁やコンクリートの天井を連想しがちですが、古民家風の和テイストを取り入れるのも素敵です。

すでにヴィンテージ加工されているものもありますが、いい素材を使えば、住んでいくうちにさらに味わいが出て、より愛着のある住まいになるはずです。

TOKYO RENOVATION COMPANY GUIDE